to TOP PAGE
ネオ文様のデータ分解図と加工法
イラストレータとフォトショップの基礎編
イラストレータとフォトショップによるデータ加工法


アドビ・フォトショップを使った加工法

 他のソフトに貼りつけつけたい
   例:エクセル(Excel)、ワード(word)
1 エクセルやワードで作業中の書類上では、文字カーソルが点滅する位置に貼りつきますから、貼り付ける位置を確認。
2 「京の絵模様」CD-ROMをドライバーに入れ、マウント(接続表示)されているか確認(使っているマシンによって、表示のされ方が違います)。
3 メニューバー「挿入」をクリック。「図」にマウスポインタ(矢印)をおくと、相手方が表示されますので「ファイルから」をクリック。デスクトップが出る。
4 デスクトップ上の「京の絵模様」CD-ROMを探し、表示させる。収録データ内容が確認できたら・・・
5 「JPEG-DATA」のフォルダをダブルクリック。中身の書類が表示されたら該当する番号を選びダブルクリック。
6 選択した画像が書類に貼りつきます。
7 貼りついた画像をクリックし、その周囲に四角形の各隅・各辺にサイズ変更ハンドルを確認。
(角のハンドルの上でマウスを押さえ、対角に移動させると正比例で縮小・拡大。辺のハンドルは、縦長・横長に変形。

フォトショップなどのプレビュー画像がなく、選ぶ画像が確かめにくい場合は、「京の絵模様」CDROM内の「index.html」を「firefox,explorer,SafariなどのWEBブラウザ」で開いて画像確認をしてください。
もし貼りつかない画像があった場合は、フォトショップで開き、「モード」が「RGB」になっているかを確認してください。
 京千代紙を作る
   例:フォトショップ、レタッチソフト
1 収録データ「PSD-DATA」を使います。データは「レーヤー」で分解されています。
2 「背景色」のレーヤーを削除。レーヤー分けされた画像を、そのまま、またはお好きなように加工した後「レーヤーを統合」し、別名保存で「名前」を付ける。
3 「切り抜きツール」のハンドルを四方に延長・移動させてエンター。作業サイズを拡大しておく。
4 背景色を除く画像を、上下左右にコピー&ペースト。
5 「新規レーヤー」を追加。追加するレーヤーは上層に出るので、そのレーヤーをマウスで押えながら、画像レーヤーの下に移動。
6 「レーヤーの名前」の上をダブルクリックし、「背景」など、名前を付けておく。
7 「背景」の色を設定。
8 色の設定は、ツールボックス下の「描画色設定」の■をクリックすると、色設定のテーブル(カラーピッカー)が表示される。
9 「描画色」を作るには
●CMYKの数値ボックスに入力する。
●中心にある色帯の矢印を動かし、左のグラデーションテーブルの上に出る「○」で指定する。
●メニューバー「ウィンドウ」にある「色見本」のテーブルを表示させて選ぶ・・・などでできます。
10 背景のレーヤーを選択し、描画色で塗りつぶす。
11 トリミングして仕上がりです。
背景色は
一体で塗りつぶし
「背景色」は、一体画像として処理します。背景色とともに連続させると、背景に不要な線が入ったりすることがあります。
「京の絵模様」に収録されている画像は、おおむね連続しますが、単体の画像で京千代紙を作る場合は、その絵柄を自由に散らしてください。
絵柄が整然と並ぶのが面白さに欠けると思われたら、絵柄をずらしてコピーしたり、ランダムに並べるなど工夫してください。
自作品に変化させる面白さ
PSDデータを使う)
情緒のある絵柄を作るには、手のぬくもりを感じさせるイメージが大切です。それには、レタッチソフトの持つ「フィルター機能」が欠かせません。
1 影(シャドウ)を付ける
影を付けたいレーヤーをクリックして選び、メニューバー「レーヤー」→「レーヤースタイル」→「ドロップシャドウ」をクリック(またはレーヤーの帯上でダブルクリックする)と・・・
下のダイアログボックスが表示される。
上から、表現(影のモード)、影の色、濃淡、が選べる。
影を落とす角度は、時計状の針をマウスを抑えながら動かすか数値入力(右ななめ下の影は 135°)。
下の「距離」「スプレッド」「サイズ」は影の巾。ピクセル数を入力しながらイメージに合った影の数値を決めて「OK」。
2 質感を付ける
布やキャンバス地のような質感など、フィルターの中にある機能は、さまざまな変化をみせてくれます。
簡単なチリメン布染めの感じは、テクスチャライザの中の「砂岩」が最適です。
3 データの変形・加工
背景のある画像なら「背景」を削除、色替え、別背景など。
花、葉、枝などは、なげなわツールで囲み、移動、消去。などをしながら再構築。(ビギナートップページ「レーヤーの機能」を参照)
4 私信らしいデータ加工(背景のぼかし)
画像の色替え(ビギナートップページを参照)などをして完成させた後、画像サイズを少し拡大しておく。
「背景」に「なげなわツール」のぼかしを「30ピクセル」くらいにして任意の形を描き、「選択範囲の反転」をして外側を消去するとぼかしの背景になる。
画像とともにぼかす場合は、「画像を統合」しておく。



トップページ ネオ・アールデコ文様ページ データ活用法 コンタクト
ご注文のご案内 ハンドメイド文様ページ プライバシーポリシー コラボレーションコブルアート
文様総研について 創作伝統文様のページ 試作デザインページ コブル・プロフィール

事業者の名称:コブルアートドットコム
事業者の所在地:615-8045/京都市西京区牛ヶ瀬南の口町32-102
事業者の連絡先:電話番号 : 075-925-5562